スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
FANJ
遅くなりましたが、先日のFANJライブにお越しいただいてありがとうございます!!

対バン、スタッフのみなさんがいい人たちばかりで
一日通して勉強しっぱなしでした。

同時にバンドのあり方について
もっとしっかりメンバー間で確認する必要があるなと。
いいキッカケの一日だったのではないでしょうか。
日々是勉強ナリ。


個人的には
論文の英訳をこの日まで完成できなかったのが最大の敗因…
余裕をもって自信をもってライブに望むには
プライベートでもしっかりタスクをこなしていかんといかんのです。

次の2月8日(日)の神戸マージービートでは
一皮むけたいいライブをしたいと思っております!



以前からたまに書いていたりしたのですが
わたくしnov.は映画、特に邦画、むしろ邦画のみ
が大好きでして、


先日
年始に録ってみれていなかった
「犬神家の一族」
をやっとみれました。

石坂浩二さんが主演の方です。


エヴァが真似したといわれてる明朝体のオープニングにはじまり
ストーリーの展開
撮り方
出演者の魅力

もう最初からおもろすぎて最後まで夢中です


カメラワークの詳しいこととかさっぱりわからんのですが
とにかく撮り方が上手い、風景がキレイと素人目で感じました

何度も見れてしまう映画ではないでしょうか


普段特に思わないんですが
この映画の中の松島ナナコさんはものすごいべっぴんさんです



話は変わり
先日東京に用事があったので上京しました

せっかくなので前ノリして、一日観光しようと。

夜行で行ったので朝早くに到着してしまい
友人と合流するまで山の手線をぐるぐる


東京はとにかく電車賃が安い!!
東京⇒新宿(反対側)で190円ですよ

いろんな駅に途中下車しまくりました


さすが東京はしゃれとんなーと思ったのは

恵比寿駅という駅があるんですけど
まぁこの時点でおおよそよそうつくと思いますが
電車の到着音が
ほんまにエビスビールの第3の男が流れるんですよ


そして時間が過ぎ友人と合流して

いきたかった浅草へ

外人さんがやたら多い

雷門や人形焼などベタに触れ合いつつ

お昼時間になったのでおいしいもんを食おうと

そしたら見つけました


090125_1205~01


もう入るしかないだろーってことで入ったらこれまたおいしいお店で

もし浅草に行かれる方がおりましたら
浅草寺の近くで右にそれたら
~右エ門という謎の人形がたっています

そのすぐ目の前に
のぶ
がありますのでぜひお越しを。

そのあとも新宿にのみに行ったりなんかいろいろ楽しい一日でした

思ったのは東京も大阪もそないあるもんは変わらないことでしょうか

次の日友人に合わせて七時くらいに家をでて
友人と別れて神奈川へ

これまた早くつきすぎて、予定の時間まで5時間くらい余ってたので

映画をみました

感染列島は気になったけど

それ以上にダントツ見たかった
誰も守ってくれない
を見ました

そのときはスーツを着てたのですが
朝っぱらからスーツで映画館に入るとあれですね
営業回りでサボってるサラリーマンの気持ちになりますね
周りの人も近所のおじさんおばさんばかりだったので
あいつは仕事もせんとけしからん
的な目でみられて
これはまた貴重な体験だなと

まぁそんな感じでちょうど時間が余ってたので見たかった映画を
見ようぐらいのテンションでいったのですが

もうこの映画・誰も守ってくれないがあまりに良い映画で!!
またテーマが結構重く、そして深い

現代に対しての根深いアンチテーゼが描かれていて
ネット社会やマスコミ、人や家族との繋がりに対して
強いメッセージがこめられているに感じました

これまで事件モノの映画で
加害者の家族に焦点をあてたものってなかったように思う

加害者の家族ということでマスコミからも社会からも注目されて謝罪要求も
このことだけを聞くとかわいそうな気がするけど
被害者のことを考えると加害者の家族にも何らかの責任を負う義務があるのだろう

映画の中で
加害者の家族も被害者の家族も”その日”から人生が変わる
的なセリフがあったけれどまさにそうで
事実を一生背負っていかないといけないという

今まで考えたこともなかったけれどこれがひとつの事件の裏側でおきている
現実なんでしょう
被害者にも加害者にもなりたくないものです


この映画はドキュメンタリ映画に近いと思わせるつくりで

まずカメラワークで固定がすくなくて、どの場面でも
ちょっと画面が手持ちカメラみたいにゆれてるんです
場面によってはもう本当にその出来事が
起こっているようとこを撮影しているように感じてしまうことも


演者さんの演技もこれまた秀逸で、映画と思わせないものが

佐藤浩一さんがもうかっこよすぎて、めっちゃ好きなりました
あんなおいちゃんになりたいわーかっこええ。

もう一人の主演、志田未来さんもすごいなと。
あれだけ自然に、しかもあまりに複雑な環境におかれる中学生を演じ切れている点が
末おそろしい

先日対バンした江坂キューティーリップスのギターの子も末おそろしい


とにかくこの映画は本当にオススメです
ただし、恋人とかとは行かないほうがいいです

テンションさがるからね!!

バッドエンドでもハッピーエンドでもありやせん

この映画をみてからメインの予定へ参加してきたのですが
この映画のことを考えていて頭がいっぱいでした

良い映画をみると吸い込まれたような感覚に陥って
終わった後に魂が抜かれたような気分になる
そして帰り道に思い出しながら映画に秘められたメッセージについて
深く考える

要するに良い映画をみるとどっと疲れるわけです


脚本がモントリオールかなんだかで最優秀賞とってて
踊る大走査線の君塚さんだそうです



この映画の4ヶ月前の設定で
誰も守れない
というドラマが先日やっていて

東京から帰ってきたのでさっき見ました


これは加害者家族に焦点をあてたものではなく
刑事さんに焦点をあてとる映画です

これまた秀逸で
映画とみごとに繋がります

さっきドラマのほうをみて、もう一度映画見に行こうとおもいました



…いやーダラダラ書きましたが

最後まで読んでもらってありがとうざいます
通勤通学の暇つぶしくらいにはなりましたでしょうか

ただの映画好きの感想文なので
実際に映画を見て感じてください


次は
少年メリケンサック
を必ずや見に行きたい


そんな映画好きが映画から感じたインスピレーションが
ふんだんに盛り込まれたユウグレオニオン

映画、もとい邦画好きのみなさま

ユウグレライブへどうぞお越しください






スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2009/01/27 22:02】 | nov. | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シースーとルービー | ホーム | ハイファイ新書>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yugureonion.blog43.fc2.com/tb.php/33-4b29b26c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。